キャッシング銀行でもできる?

キャッシングとは銀行といったようなところから金額の小さな小口の融資を受けることを指す言葉です。
ふつうは、お金を借りようとすると保証人や担保を求められます。
ところが、キャッシングの場合は保証人および担保を用意する必要がないのです。
本人を証明できる書類があれば、基本的に融資を受けることができます。
キャッシングは無理なく上手に取り入れればとても便利ですが、しっかりとしたプラン無しに、自分の返済可能な範囲の金額を上回る額の借金を抱えてしまうと毎月の返済が滞ったり、多重債務等を負う可能性が出てくるので注意を忘れてはなりません。
以前に、30万円ぐらいをキャッシングで借入れたいと申込みしたのですが、断られました。
考えてみるとたぶん、就職してまだ日が浅いということもあり、そこまで信用がなかったのだろうと思うので、原因はそれだったんだろうと思います。
致し方ないので、10万円に引き下げることし、その金額ならいけると言われ無事、審査を通過しました。
ちょっとだけキャッシングしたいけど、はてキャッシングの出来る一番少ない額というのは、どれぐらいなんだろう、と仰られる方も多いと思います。
答えは一般的に個人の融資でキャッシングの場合の最低額は、1万円からということになっておりますが、千円単位からのキャッシングを行っている金融機関もあります。